番外編 ゴーヤチャンプル 

毎度ご利用ありがとうございます。

今回はお店でも出しています、ゴーヤチャンプルをご紹介したいと思います!!

お店で出してるのとは違うレシピで作っていきます。

お店では食堂オリジナルのゴーヤチャンプルのタレを使っていますが今回は使いません!

ゴーヤとは

苦みで食欲増進
夏バテ防止にも

古くから沖縄で食べられてきた野菜で、熟す前の未熟果を食べます。苦みが魅力ですが、苦手な方は、塩もみしてサッと熱湯をかけると抜けます。種とわたは苦みが強いので、スプーンなどでしっかり取り除くことでもやわらぎます。ジュースにするのもおすすめです。リンゴジュースやバナナを加えると飲みやすくなります。スライスしてチップスにすると、おやつ感覚で食べられます。最近は、苦みの少ない白いゴーヤも出てきています。

ゴーヤー(にがうり)の栄養

ビタミンCとカリウムが豊富です。カリウムは、筋肉の収縮を調整し、不足すると体の動きが悪くなります。炒め加熱調理ではこれらの栄養価が損なわれにくいので、肉や卵などのたんぱく質と炒めて食べると良いでしょう。独特の苦み成分の一つにモモルディシンがあります。胃液の分泌を促して、食欲を増進させるなどの健胃効果があるとされ、夏バテ解消に効果的な野菜です。また、血糖効果作用があることが明らかにされており、糖尿病予防に役立つことが期待されています。

ゴーヤチャンプルの材料

約3人前位

ゴーヤ 1/2本 半分に切り綿をスプーンで取り除き、3㎜くらいのスライスにします

木綿豆腐 1丁 レンジでチンしてキッチンペーパーで水気を取っておけば尚よしです

豚肉切り落としor豚バラ 150g

玉ねぎ 半玉 スライス

卵 2個

鰹節 お好み

ほんだし 小さじ1位

醤油 大さじ1~1.5

ゴーヤチャンプルの作り方

1,木綿豆腐をキッチンペーパーなどで水気を取ります。

2,フライパンを火にかけ豆腐を入れます。

3,豆腐を適当な大きさに崩します。しばらく焼いてきつね色っぽくなったら

4,豚肉を入れます。豚肉が6割位火が通ったら

5,玉ねぎを入れます。塩コショウをします。豚肉が9割くらい火が通ったら

6,ゴーヤを入れます。豚肉に完全に火が通り、ゴーヤが温かくなったら、

7,ほんだしを入れて軽く混ぜます。次に醤油を入れてさらに混ぜます。

8、溶き卵を回し入れます。しばらく待って優しく混ぜます

9,鰹節を入れて

10、お皿に盛り付けて

11,最後に鰹節をトッピングして完成!!

作成動画をどうぞ!!↓

奈良広陵食堂チャンネルはこちらhttps://www.youtube.com/channel/UCHbsrHKbWwZxRPlai4Bcc6Q

お店で出しているゴーヤチャンプルはこちら

お店で並んでるのはこちらの商品です。

使っているタレはこれ↓

このたれ、とてもいい味だしてるんですよ~。

これはうまい!

良ければ1700円(税込)で販売します!(⌒∇⌒)

これからどんどん暑くなってきます。夏バテ防止にゴーヤチャンプルを作ってみてはどうでしょうか。

熱中症には皆様充分ご注意くださいませ!

では、本日はこの辺で👋

タイトルとURLをコピーしました